暮らし

世の中はいろんなところで繋がっている

033703

私は30代のときに何の知識もなく、ただマイホームが欲しいという理由で、当時の住宅都市整備公団の公募する分譲地に申し込んだところ、望外にも倍率100倍に当選してしまいました。資金のことも考えず、当たってしまい、戸惑いながらも、この運を失いたくないと思い、その地に家を建てました。

しかし、その場所は、思いの外交通量が多く、24時間車の騒音に悩まされ、苦しみました。騒音だけでなく、自分自身の愚かさに苦しみました。何度も自分の犯した過ちだと割り切り、一生をこの地で迎えようとも思いましたが、決断すればするだけ、残りの何十年の人生を騒音に苦しみながら暮らしたくないという気持ちも涌いて、悩み苦しみました。