家財道具を運びたい場合は、どんな業者にお任せ出来る?

On 2016年6月22日 by アリガト

haisou-man

 

オークションや、知人、また引越しなどで家財道具を送りたい場合もあります。

 

このケースではどういった業者にお任せするのが良いのかを掲載します。

 

  • 引越し業者
  • 運送業者
  • 赤帽や便利屋など軽貨物輸送業者


引っ越し業者は、毎日のように荷物の運搬業務を行っている為、見積もりを依頼しても問題ありません。

 
オークションの場合でも、引越し業者が依頼を請け負えるケースもあります。

 
ただし、荷主と受け取り主が異なるため、費用を事前に把握し確認し合う必要があります。

 

 

運送業者もまとめて家財を運ぶ輸送ルートや運送方法があるので視野に入れてみましょう。

 

 

大手では、ヤマト運輸のラクラク家財宅急便、コンテナ輸送、佐川では単品輸送プランという物もあります。

 

 

引っ越し業務を兼業として行っている運送業者では、家具の梱包や家屋の養生にも精通していますが、

 

運送業しか行わない業者の場合では、むき出しのまま輸送してしまう場合もある為、見積時に確認してください。

 

 

 

 

赤帽は、作業スタイルとして軽トラで輸送かつ作業員1人が基本になります。

 
なので、大型な家財の場合は、積み込み時と搬入時には手伝う必要性が出てきます。

 

 

また、地域特化型のため、長距離の輸送には向いておらず(高速代や燃料費など交通費が高くなる為。)近距離の場合には見積にも含めて下さい。

 

 

費用面では一番安くなる可能性がありますが、引っ越し業務に慣れていない場合(小物運搬を得意とする場合)だと、建物の養生や家具の荷造りに心配がありますので、こちらも見積時に確認してください。

 

 

最後に、便利屋さんになりますが、立場上引越しのお手伝いになる為、有事の場合には保険が効きません
ただ、現在では荷物の輸送に訓練を受けているため、全体的なレベルが上がってきているという声もあります。

 

以上が、家具の配送を依頼できる業者になりますが、

どこが良いのか迷ったり、配送料金を調べたり、格安業者を見つけたい場合には下記ページを参考にしましょう!

 

家具配送

(家具一品当たりの料金がネット上で計算され表示されます。目的地の変更も可能なので、とりあえずの目安を把握するためにも活用できます。)